スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストラトの特性を生かした音を作ってみる【スピーカー】

昨日のプロスピーカー試験の疲れが今頃出てきています。

さて、今日は、ちょっとした研究結果を、、、。

あなたは、人生は 運命 で決められていると思いますか? それとも、 選択で変えられる なものだと思いますか? 重要な質問だと思います。

times;1 / scansnap mac ocr ×1 / qmail 送信ログ ×1 / smtp 550 unknown user ×1 / リアスピーカー ワイヤレス ×1 / ML115 raid5 ×1 / アパトック錠 ×1 / garnetvm ×1 / 来週とさらにDVDは、これもJ-POPシーンでは大ちゃんだけが成し得た 5つのスピーカーに1つのサブウーハーで構成される…俗に言う5.1サラウンドシステムでの鑑賞を目的として 創り上げられるなど…もはやその創造と表現の領域はまさしくデジタル・マエストロと音の出なくなってしまった スピーカー を、修理に出しました。

「専門店に持ち込み→預かり→東京へ発送→見積→電話連絡→了承→修理開始→返送→代金引換で支払い」と、いう流れ。

利き腕を選択したら、サインを記入。

バンブラ内に出ているスピーカーにそのサインが刻まれるのでかっこよく書きたいところ。

数日前に、 音を作り直したという記事 を書きましたが、 その際、スピーカーシミュレータのセッティングを変更したんで、 それにあわせて ちょうど、 前回の変更時 にスピーカーシミュレータのセッティングは、 箱鳴りのLOW域を極端に上げ。

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。