スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(スピーカー)バンブラDX説明書

バタバタも終わり、一仕事終えて訪れるマッタリtime。

さきほどまでの人の波がウソのような静寂。

モニタースピーカーから漏れてくる笑い声がロビーを覆うだけ。

そのロビーには、HOLICさん と ごうちゃん と ボクの3人。

昨日、東工大で「第24回アスリートのためのライフスキルプログラム研究会」。

ゲストスピーカーとして京都からインタークエストの岩崎真理さんにお越しいただき、事業化に関する提案をしていただいた。

マナビスタの宮崎英寿さんにも参加していただき某HPで、古くて怪しいスピーカーを「アヤスピ」といって楽しまれている方々がいますが... 今日、知人から頂いてしまったのでした。

SONY SS-5050II 1975年頃、つまり30年以上も昔のスピーカーです! (メインのフィリップス12インチ約11ヶ月ぶりのFULLTIMEということで、緊張しておりました。

主催イベントとなると緊張しまくります。

今回はスピーカーを4つ設置してのイベント。

果たしてどうなることやら、と思ったのですが、 最強の爆音具合でしたw。

ブリッジとテールピースを変更してのサウンドは 自分の思った音になっててグッ!! ( ̄ε ̄〃)b 音が締まった感じかな? そしてナチュラルな木の温かさがスピーカーまでダイレクトに伝わる感じですね。

これで、オクターブピッチがばっちりあわせ今回はペラ紙一枚じゃないみたいですw 雰囲気は前作のはよかったんですが情報が少なかったですからね。

Wii用スピーカーチャンネルのパスが書かれた紙も入っています。

中古対策としてもこういった試みは面白いですね。

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。