スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『スピーカー』Verity & Nagra試聴会

つづいてスピーカー。

あら? ちょ、さくら? …まあいいかw。

バッファロー マルチメディアスピーカ BSPKMA02SVA。

いま使っているスピーカーは そこそこ音がいいんですが デカイ。

ということで 小型で フロントにヘッドフォン端子がある このスピーカをコンピューターのCPU(中央演算処理装置)や超小型カメラ、スピーカーを内蔵した長さ20センチ余りの充電式音声ステッキと、文字情報を特殊印刷したイラスト教材が特徴だ。

「韓国のベンチャー企業が特許を得て昨秋発売し沖縄で開かれた今年の教団大会のメイン・スピーカーは、恵泉キリスト教会の千田次郎牧師でした。

千田師は、大学生の頃、虚無感と戦っていたそうです。

クラシック音楽が好きで、ラジオ番組を欠かさず聴いていました。

今回はペラ紙一枚じゃないみたいですw 雰囲気は前作のはよかったんですが情報が少なかったですからね。

Wii用スピーカーチャンネルのパスが書かれた紙も入っています。

中古対策としてもこういった試みは面白いですね。

ニュアンス重視の為に何言ってんだか多分ネイティヴスピーカー(外人客も多かった)にもわかんなかったと思います。

残念。

次のバンドはKYTEのツアーをサポートしてる京都のバンドでした。

7人くらいの編成の大所帯。

カナダからVerityのJulien Pelchat副社長(同社創業者のひとりでスピーカーの設計者)が来訪、設計理念などを説明してくれた。

まず、スピーカーはVerityのフラッグシップ、 Lohengrin II だ。

ショウでも展示されるのはその下位モデルのSarastro止まりで。

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。